読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育勅語平成版「安倍首相がんばれ安倍首相がんばれ長期政権よかったです」

おだやかな春の昼下がり。奥様が部屋の掃除をしていると、クローゼットの裏からなにやらDVDが出てきました。透明なケースに入っていて、タイトルも何もついていません。 不審に思った奥様がそれをパソコンで見てみると、口にするのもはばかられるような内容…

五輪とかなんとかわめきながらミスリードを誘う日経さん

www.nikkei.com なんかGAPについて言ってるわけだが、途中で話がいきなりでんぐり返っている。 生産者の労働環境まで考え、農水産物を調達する企業は欧米を中心に広がっている。五輪はその象徴だ。コカ・コーラグループは緑茶飲料向けに日本で調達する茶葉に…

それより「デマに強い社会」が先決では?

www.nikkei.com 一方でロシア政府の影響下にあるメディアでクリントン候補に不利な偽ニュースを流し、交流サイト(SNS)などで拡散した。 これ、ロシアばかりが悪いわけではない。ネット空間というものが、そうした「汚染」に親和的なのだ。 今もその「偽…

対称的であるようでいて非対称であることについての仮説

塩と砂糖は調味料としてよく対になって扱われる。 両方とも料理の味を決定づけるものであり、白い結晶状の粉であり、それゆえよく間違われてしまう。 しかし実体としては、化学的にまったくの別物であり、互いの味付けに陰影を与えることはできても、相補的…

カジノでクールジャパン(笑)とかやるようになるんじゃないの?

www.nikkei.com まあ、色々と思惑が飛び交ってこうなったんだろうし、マネロンに使われるとかはもう散々言われていることだ。貧乏なはずの男がなぜか大金を持ってて、訝しむと「競馬で大穴当てたんだよ」と言い訳する、というのは昔からあったことである。 …

サムライにっぽん?

www.nikkei.com まだやってたのか。 農協を叩いても叩いても、こっちに客が寄ってこないので、頭を抱えているというわけだ。 しまいには、 コメ先物が本格的な上場に移行できない最大の要因は売買高の少なさだ。取引を増やすためには売り手である農業法人や…

本気でやるんなら外務省をなんとかしないと

www.nikkei.com 10年遅い、と言っても言い過ぎにはならないだろう。 政治的に日本とアフリカのつながりは薄く、今やすっかり中国に水をあけられている。 今回の会議は悪いことではないが、日経さんのように未だアフリカのマイナス面ばかり取り上げているよう…

自分の口臭を認めようとしない自民党信者たち

>作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。 >逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせてください。心神喪失による無罪。 >新しい名前( )、本籍、運転免許証等の生活に必要な書類 >美容整形による一般社会への擬…

さりげなく移民をディスる日経さん

www.nikkei.com 南仏の観光地は明るく安全と思いがちだが、治安がよい場所ばかりではない。移民も多く、別荘や高級ホテルに滞在する富裕層と相いれない面もある。 ベルギーやバングラデシュなど各国で相次ぐテロも事情は少しずつ異なるものの、移民政策や貧…

やめるってよ

www.nikkei.com このニュースを目にした時、パッと思いついたのが「改憲への異議申し立てか?」ということだった。 そう思ったのは私一人ではなかったようだ。 lite-ra.com しかし、こんな風に考えてしまうこと自体、私自身にも知らず知らずのうちに「天皇制…

梅雨寒にそよ吹く風は神風か

www.nikkei.com ご存知の通り、驚くべき事態となったわけだが、一番驚いているのは、英国人自身だろう。それは離脱に賛成票を投じた連中とて同様である。今は歓喜にわいていても、熱が冷めてみれば「えらいことになった」と気づくだろう。 この先イギリスが…

国民は原発をどのように欲望するか

今、日本社会の流れは「脱原発・反原発」にあるのか。それとも「原発推進」にあるのか。 一般の国民が原発についてどのように考えているかといえば、それは「原発を忘れたい」ということである。 「忘原発」こそが国民の望むところなのだ。 福島以前、国民の…

で、ヘイトスピーチは?

www.nikkei.com なんかいきなり(下)になっているんだが。続きを書きたくなったのなら、(続)とした方が良くなかったか。 で、昨日は「総合戦略」と言い、今日は「司令塔」と言う。まさかとは思うが、書く人が替わってるのか? 外国人といえば、「ヘイトス…

まだその「世界」とやらに日本は無関係だとでも?

www.nikkei.com なんだかごちゃごちゃした社説だね。 人々はどうして極端な発言に引き付けられるのだろうか。英国の政治学者バーナード・クリック氏はポピュリズムを「政治的統合体の外部に追いやられていると考える人々を決起させる運動」と定義する。北海…

変わることを拒否する人たちを変えるには

以前、こんなエントリーを書いた。 osaan.hatenadiary.jp 日付を見たら、もう二年以上前だ。月日のたつのは早い。 このエントリーで、別姓に対して頑固に反対する人の心理について、このように書いた。 みんな別に「国家」のことなんか必死で考えてるわけじ…

なぜオタクは「保守」を好むのか

例の「談話」というやつが発表されて、ふと思ったことがある。 あべぴょんが米議会で演説したときにも感じたことだ。 「あなたがなにを話そうと、だれも聞きはしません」と院長はきっぱり言いました。「人々が講演のほんとうの内容に興味を持つことはめった…

介護を知るものは

社会保障の維持へ能力に応じた負担をwww.nikkei.com 橋シタの言い草じゃないが、日経さんは介護の実際というものがわかっているのだろうか。 具体的には、配偶者がいる人の場合、資産の合計金額が2000万円を超えていれば補助の対象から外す。配偶者がいない…

エリートはいつバカになるのか

大学を衰弱させる「文系廃止」通知の非www.nikkei.com せっかく卒業しても立憲主義すらよくわからない人間を排出、じゃなかった輩出する東京大学法学部をつぶしたらいいんじゃないのかな。 まずはそこからだ。 まあなんにしろ、昨今耳にする「エリート」の劣…

なんか知らんけど中国でアベノミクスやったらいいんじゃないのかね

株価急落で懸念深まる中国の景気実態www.nikkei.com 来るものがきた、ということだ。大騒ぎするのはもう少し事態を見極めてからになるだろう。 気になるのは、当局があからさまな株価維持政策(PKO)に乗り出したことだ。 人為的な株価維持策は市場をゆが…

誰がそれを望んでいるのか

納得しがたい新競技場の工費www.nikkei.com 嫌なことがあったとき、それを忘れるためにパーッとお金を使ったことはないだろうか。 大きな不幸に見まわれようが、莫大な借金があろうが、パーッとお金を使ってる間は忘れられる。そのうちなんとかなるだろう♪と…

確かに違和感がある。いろいろと逆の意味で。

違和感ぬぐえぬ賃上げ介入www.nikkei.com もし民主党が同じことをしたなら、今頃「社会主義だ!」と叩かれていたことだろう。 だいたい「異次元緩和」というものが、「賃上げ」を伴わなければ意味がない性質のものなのだ。 下手くそな催眠術師のように、無理…

拡大したらどうするつもりなのか  

マイナンバー普及へ利用範囲の拡大を マイナンバー普及へ利用範囲の拡大を :日本経済新聞 マイナンバーと聞くと、つい「ウルトラQ」の「1/8計画」を思い出す。1/8に縮んだ人間たちが暮らす理想社会は、互いに名前ではなく番号で呼びあう、ということになっ…

とか言って「痛み」を先送りしているのはどっちだ

将来を見据えた着実な年金抑制が必要だ 将来を見据えた着実な年金抑制が必要だ :日本経済新聞 年金の一元化と税化は、日経さんお得意の表現を借りれば「待ったなし」だったはずだ。 それに待ったをかけることをしておいて、なにが「着実」なのか。日経さん…

レイプしてこそ日本男子!

強姦事件の被告、「女は黙ってレイプされろ」 インド CNN.co.jp : 強姦事件の被告、「女は黙ってレイプされろ」 インド - (1/2) インドでの強姦事件が波紋を呼んでいる。死刑を言い渡された男がテレビのインタビューで、 「まともな若い女は夜9時にうろつい…

制度というより市民「感覚」の問題

裁判員制度の課題を示した最高裁決定 裁判員制度の課題を示した最高裁決定 :日本経済新聞 改めて露呈したということではなく、制度が始まる前から危惧されていたことが、そのまま現実になっただけである。 市民感覚を反映させることが裁判員制度の目的であ…

もしもの世界

場所は、そう、ゴールデン・トライアングルのあたりとしようか。 ある集団がそこを占領し、「国家」を僭称する。 財源はもちろんアヘンである。 国の名前は「サムライ国」 国家元首は「将軍」を名乗る。 国家を構成する成人男子はみな日本刀めいたものを腰に…

それを労働と認識しないことはもはやできない

働きやすい保育の職場に 働きやすい保育の職場に :日本経済新聞 フェミニズムの成果の一つとして、育児というものが紛れもなく「労働」だということを暴いた、ということがある。 それだけではなく、家事も、介護も「労働」であることが明かされ、それまで…

ファシズム宣言!

昭和7年1月8日(金曜日)、読売新聞に以下の宣言が掲載された。その年の文芸時評の一回目である。 ▽僕は、光輝ある読売新聞を通じて、僕が一九三二年より、一九三三年まで、ファシストであることを、万国に対して宣言する。 ▽「中央公論」新年号「現代一百人…

週刊新潮について少しメモしておこう

小渕優子が政治資金疑惑で突き上げられている。 小渕優子氏、支援者に2000万円超を接待か? 週刊新潮が報じる 小渕優子氏、支援者に2000万円超を接待か? 週刊新潮が報じる 週刊新潮によるすっぱ抜きだが、この件とは別に思い出したことがあったのでメモして…

ガイアツってなんだ

TPPについて、賛成派も反対派も「アメリカから日本の参加を求められている」という認識は共通していると思う。 アメリカからのガイアツというわけだ。 が、しかし、アメリカはTPPについてさして重要視しておらず、日本の参加もそれほど切実に求めてはいない…

朝日が脱原発を撤回する日は

吉田調書「命令違反で撤退」記事取り消します 朝日新聞:朝日新聞デジタル 吉田調書「命令違反で撤退」記事取り消します 朝日新聞:朝日新聞デジタル やれやれ。吉田調書については私も驚かされた口なので、朝日に対しては徹底した調査を望みたい。 が、以後…

近時雑感

ちょっと小耳にはさんだことを書き留めておく。 TPPについて、騒がしい報道はないが、今も水面下での交渉は続いている。JAの意を受けて、農水官僚はあれこれと手を尽くし、少しでも有利になるように駆け回っている。 ところが、いつもならこの辺りで外務省か…

これはバブルではないのか?

バブル、という単語は経済において使用され、やがては他の事象にも充てられるようになった。 元々は景気の過剰な加熱ということだったが、内実を伴わない盛り上がりをもって「バブル」と呼ぶことが、今ではすっかり定着している。 さて、アベノミクスは総理…

サンピンの思い出

サンピンというのは、竹村健一・渡部昇一・堺屋太一の三人をまとめた呼び名である。「一(ピン)」が三人だから「サンピン」と、江戸時代の下級武士への蔑称に引っ掛けたわけだ。ここに深田祐介を加えて「サンピン一介」ということもあったが、さして定着し…

ボールは宙に浮いたままだということ

『「朝日新聞の大罪」を問う』 お父上には世話になったのであまり言いたくはないが、投資を生業とする人間がこのような認識で大丈夫なのかな、と思う。リスクをとらねばリターンを期待できないように、報道は向こう傷を恐れてはスクープをものにできない。ま…

つ鏡、ということ

年をとって、鏡を見ることが多くなった。 若い頃は一日3分も見なかったのだが、今はしげしげと覗き込む時間が増えた。 鏡の中には、記憶の中の自分とは違った「現実の自分」が存在する。笑ったり怒ったり、あれこれと表情を作り、他人の目にどう映るのかとい…

Bang!Bang!Maxwell's silver hummer

The beatles Maxwells silver hammer (with lyrics ... 過日訪れた書店内に、ビートルズの「マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー」が流れていた。 歌詞の内容を知るものなら(なんでこの時期に)と訝しむだろうが、おおむねはただのBGMとして聞き流すだ…

アベのままじゃ日本があぶない

『アナと雪の女王』ミュージック・クリップ:Let It Go/エルサ(松たか子) - YouTube エントリーのタイトルは、上の曲のサビにのせて歌って欲しい。 さて、物価が上がってきたようである。が、しかし、アベノミクスのせいではない。消費税増税のおかげだ。…

春来りなば

さて、春が来たそうだ。 どこぞのあんぽんたんが「八重桜」がどうしたとか、下手くそな句を詠んだとのことだが、普段やり付けないことをするからぼろが出る。 ま、それはともかく、駅前と近所の空き地には高層マンションが建築中で、消費税アップ前にほぼ完…

経済動物と化してゆく、この国民

エコノミック・アニマル、という呼び名が死語となって久しい。 それは高度成長期の日本人に対する蔑称とも尊称とも言われたが、他からそう呼ばれた期間よりも、日本人自身がそう自称した時期の方が長かった。経済的な利益を追い求める「アニマル」という呼び…

それは日本が先進国ではなくなるということなのだが

はてなブックマーク - 2050年、全国の6割が人口半分…2割はゼロ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://b.hatena.ne.jp/entry/www.yomiuri.co.jp/national/news/20140329-OYT1T00081.htm なにやらのんびりしたブコメの多さにあぜんとする。 しか…

茂木健一郎はまったく正しい

有名受験予備校を名指しで「つぶれろ!」 茂木健一郎氏の偏差値入試批判がネットで物議 http://www.j-cast.com/2014/03/10198807.html 書こうかどうしようか迷ったのだが、やはり吐き出しておこう。 茂木健一郎がこのようなことを言ったのは、全く正しい行動…

2ちゃんねるはムソリーニの夢を見るか?

「貴族主義者であると同時に民主主義者であり、革命的であると同時に反動的、プロレタリアと同時に反プロレタリア、平和主義者と同時に反平和主義者である」 これはどのような人間だろうか。ついでに「左翼であると同時に右翼でもある」というのも付け加えて…

『永遠の0』という『失敗の本質』

「アメリカにヒロシマを!」 これがビン=ラディンのスローガンの一つだったという。 この世界を震撼させたテロリストの親玉については、あまりに情報が錯綜しすぎていて確かな所はわからない。しかし彼は、太平洋戦争について良く研究していたのではないだ…

STAP細胞のことからふと思い出した話

STAP細胞の発見は、小保方さんという30歳の若い女性が中心となってなされたものだという。 よく周りにいるお偉方に成果を横取りされなかったものだ、と他人事ながら胸を撫で下ろす。 というのも、昔実際にノーベル賞を受賞した研究が、元々はその研究所の若…

ふと青島幸男について思い出したことをメモしておこう

都知事選が来年早々に行われるようだ。どうせろくな結果にならないことを思うと頭が痛くなる。誰かオリンピック返上を公約に掲げたらいいのに。そういえば、もうずいぶん前のことだが、「都市博中止」を掲げて当選した男がいたな…… 青島幸男について憶えてい…

アートという罠?わからなくもないけれど少しひっかかる

小沢健二さんの「アートという罠:アートではなく」を聴いて思ったこと http://d.hatena.ne.jp/tatsuyamatsumoto/20100129/1264721805 ブクマに書ききらないのでこちらにメモっておこう。 >アートを通じて、貧しい人たちの心に、野心を高めさせ、燃えたぎら…

アップルタイザーの味

アップルタイザーというジュースの存在を知ったときは、まだ大学生だった。 その時はまだ、社会問題というものへの関心はオブラートより薄く、南アフリカという国がどんな問題を抱えているのかも知らなかった。 「一ビンにリンゴ六個分の果汁が濃縮されてい…

男女就職して席同じゅうせず

あべぴょんが「女性の力の活用」というわりには、さっぱりどころか後退している、との報道があった。 男女平等、日本は105位 先進国で最低水準続く http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102501001283.html Global Gender Gapのリストを除くと、カンボジ…

風評被害の「害」ついて

ふたたびいわきサイエンスカフェ ① http://mkayanooo.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-1f71.html >今、漁場の海水を調べても「ほとんどの地点」で不検出。 だけど、東京にいると原発から汚染水が漏れて、漁場が汚染されてしまった。それで相馬双葉もい…