レイシストを批判すると差別になるとかいうヨタについてもう少しわかりやすく

 なんかまだよくわかってない人がいるようなので、もう少し簡単に書いておこう。

 

 まず例として、「バカ」という言葉にどのようなニュアンスがあるか。

 

1.バカ(は死ね)or(目の前から消えろ)

2.バカ(なマネはやめろ)

 

 という二つがある。

 1.はバカを差別している。

 2.はそうではない。そういうマネをやめればバカではなくなるからだ。

 ところが、この二つをわざと混乱させることで、1.だけが存在するかのように言いたがる人がいる。それを「レイシスト」と呼ぶのだ。

 

 ()でくくられた部分がはっきり語られないことをいいことに、

 

1.○◎(は死ね)or(は目の前から消えろ)

2.差別(はやめろ)

 

 を同じものとしてしまうわけだ。

 

 あまりにもバカバカしい。こういう混同をして己を正当化し、悦に入っている人間は、どんなにもっともらしいことを口にしても「バカ」なのだ。

 もちろん、こんな「バカ」なマネはさっさとやめた方が、自分自身の品性のためにも良いかと思われる。

 

バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)