読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低下するようにしむけておいて他人事のように語る

サルの論理 日経

www.nikkei.com

 予想通り投票率は低かったようだ。

 投票率が低いと自民党共産党が勝つ。公明党は今ひとつだったそうだが、そういえば今回はいつも実家にかかってくる投票勧誘の電話が来なかったそうな。何かあったのだろうか。

 

 現在の自民党が政権にある限り、地方に活力が戻ることはないだろう。活力があるということは、中央に対してはっきりとものを言うということであり、沖縄の状況を見れば現政権がそれを喜ばしく思っていないのは明々白々である。

 原発を再稼働し、さらには新たな原発を建設するために、地方は息も絶え絶えに貧しくあってもらうのがちょうどいいのだ。

安倍政権が地方創生を掲げるなかで、今回の統一地方選では人口減少が続く各地域をどうやって活性化するのかが争点だった。候補者の主張すら聞けない地域が続出したことは残念でならない。 

  「地方創生」など口先だけだ、と見切っているからこその低投票率である。もうなるようになれ、という諦めがそこにあらわれている。

 とりあえずハードルを一つ越えて、あべぴょんは一層やりたい放題になり、地方は一層活力を失うことになるだろう。

 

他人事 (集英社文庫)

他人事 (集英社文庫)