読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもまだあべぴょんを信じているのですか?

日経

www.nikkei.com

古き良き自民党はそれを知っていたから、権力の行使には謙虚で、表現の自由への尊重もあった。もちろんその良き伝統は今日も続いていると信じたい 

 またこれだ。

 以前はコラムだったが、こんどは社説である。

 禁欲を唱える教祖が愛人を抱えていてもついていく信者というか、どんなにDVを受けても男にすがりつく女というか、見ていて生理的嫌悪感すら覚える。

 

 まあ、今回のこの件、自民党、いやあべぴょんはただただ「バカ」である。

 こんなことをすれば、古賀茂明とやらに圧力をかけたと自白しているようなものだ。クローズアップ現代のやらせとからめればバレないとでも思っているのだろうか。

 そのバカにバカにされているのがマスメディアであり、自民党にすがりつく幾許かの国民である。

 

 もしかすると日経さんは、皮肉のつもりで「やんわり」批判しているのだろうか?

 だとしても、やはり日経さんはあべぴょんを「信じている」ことになる。なぜならあのバカには皮肉など一切通用しないからだ。

 それでもTPPと原発再稼働に目があるうちは、下駄の雪のごとくついていくというなら、いずれ溶けて流れて下駄だけが残ることになるだろう。