読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理をおっしゃる

www.nikkei.com

 理詰めの議論など、現政権にできないのはわかってるだろうに。

 あべぴょんだけではない、その他閣僚にもそれは言える。ナントカは伝染るのだ。

 

感情論が主役になっているせいか

 

 いや、主役は「反知性主義」だろう。

 首相自ら野次を飛ばすところに、それは如実に現れている。

 そこをあえて「感情論」と書くところが、日経さんの「公正中立」であり、あべぴょんへの信仰のなせるわざなのだろう。

 安保について、日経さんはどのくらい「理詰め」で語れるのだろうか。

 どこかで聞いたような評論家センセイの言をなぞるのではなく、「経済的」なところを伺ってみたいものだ。

 安保が財政再建にどの程度寄与するのか、とかね。

 

社会学講義―感情論の視点

社会学講義―感情論の視点