読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

改めて創価学会は破壊的なカルト集団であると認識する

 先の衆議院選挙の際、顧客の一人から一本の電話を受けた。

 「選挙ではぜひとも公明党に投票してほしい」とのことであった。

 私が自民党を嫌っているということを知った上での依頼である。

 「このままだと自民党の暴走は止まらない。連立する公明党の力を強くしてブレーキをかけるしかない」

 概略、このような話であった。

 仕事中でもあったので、聞くだけ聞いて「考えてみます」と電話を切った。

 もちろん、公明党に投票することはしなかった。

 

www.nikkei.com

 

 公明党はすでに自民党とすっかり融合したようだ。

 日経さんの社説でも、自民とも公明ともその名が出ることはなく、与党「単独」と書かれている。

 つまりは、創価学会統一協会と同じく、自民党を熱狂的に支持する破壊的カルト集団であると、改めて認識した。

 以後、一切の関わりを断つことにする。

 

 さらには、

 

安保は国の将来を左右する重要課題だ。だから活発な論戦が必要なのに、116時間に及ぶ審議時間の大半が合憲か違憲かの押し問答だった。与野党とも国会の役割をよく考え直してほしい。 

 

 日経さんこそ、ご自分の「役割」をよく考え直してはいかがか。

 さっぱり議論にならなかったのは、ほとんど自民党の側に責任がある。

 日経さんのカルト信者ぶりもなかなかのものといえよう。

 

 

カルトとしての創価学会=池田大作

カルトとしての創価学会=池田大作