読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけてびっくりなんとやら

www.nikkei.com

 数日前のこの社説で、珍しく東芝に厳しいことを言ったな、と思ったらこれである。

business.nikkeibp.co.jp

 おそらく、というか確実に、上の社説を書いたころにはだいたい把握していたのだろう。

 前々からひどいとは思っていたが、まさかここまで、というのがおおよその感想であるだろう。

 しかしまあ、赤字もたいへんだが、ひっかかるのはこの辺りである。

 

2006年に約5400億円を投じてWHを買収した頃から大きく変容する(後に出資額は計6600億円に増加)。

 

WHを含む原子力事業で5156億円の「のれん及び無形資産」を9月末時点で計上している。 

 

 おそらくWHがダメダメだとわかったのは、買収して数年もしないうちだっただろう。震災を理由にしているが、それ以前にとっくにダメになっていた可能性が高い。

 これってのは、「あけてびっくり玉手箱。東芝さんがみるみる白髪に!」という事態だったのではないか。

 日経さんが大好きな「もの言う株主」は、何も気づいていなかったのか。

 それでも東芝は再建の軸として「原発」をあげている。

 原発をやってるだけで、よっぽど日本政府が甘い汁を吸わせてくれるようだ。もちろん、その「汁」の原資は税金である。

 

 

甘い汁

甘い汁