読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本あべぴょん新聞本領発揮

政治

www.nikkei.com

 さすが、毎朝あべぴょんの写真の前で「ご尊父様おはようございます!」と声を上げる日経さんである。

 どこにも「経済」のかけらもないこの社説は、日本あべぴょん新聞と呼ぶのにふさわしいと言えるだろう。

 

 最高指揮官である首相と、首相を補佐する閣僚や官僚には、これまで以上に高い見識と判断力が求められる。

 今回の法制に周辺国が疑念を強め、地域の緊張が高まってしまったら元も子もない。そうした事態を防ぐためにも、外交の役割はさらに増える。ましてや、周辺国との対立をあおるような言動を、政治家がするのは論外である。

 

 このあたりなど、もはやギャグの領域である。

 それよりも、これから膨大な額にふくれあがっていくであろう「軍事予算」について、何か懸念するところはないのだろうか?

 

https://www.gc.cuny.edu/CUNY_GC/media/LISCenter/pkrugman/Meeting-minutes-Krugman.pdf

ch.nicovideo.jp

 

 上掲の記事をクルーグマンがあげたのはどういう意図があったのか、別段気にしようとも思わない。が、ここに見られるのは、

 

「戦争さえすれば、全部解決!」

 

 という幼稚極まる思考の漏出である。

 こういうバカにきちんと釘をさせない、というだけで、クルーグマンノーベル賞を与えてしまう「経済学」というものの限界が見えるようだ。

 おそらく、あべぴょんとゆかいな仲間たちは、軍事によって経済を上向かせられる、と考えているのだろう。

 もしクルーグマンがまだ「アベノミクスに期待して」こういうことをしているのなら、日本に対する犯罪行為だと言ってもいいように思われる。