読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経さんご乱心

www.nikkei.com

 何というか、自分で自分が何を言ってるのか、よくわからなくなってるんじゃないのか。

 

2016年度予算が成立した。最大の歳出である社会保障費への切り込みが足りず、問題の多い予算である。

 

 まず、社会保障の削り方が足らない、と。

 それから、

 

一方で、国民の関心の高い待機児童対策なども盛っている。政府は公共事業を含めて円滑な執行に全力を挙げ、当面の景気を下支えしてもらいたい。

 

 この二行がすでに混乱している。

 景気の下支え、とか言ってるが、待機児童対策と公共事業を並べているのがよくわからない。その辺りを無理やりに理解してやるほど、私は日経さんに甘くない。

 まあとにかく、景気対策をしろ、と言っているのだと了解しておこう。

 そして、

 

政府・与党の一部から景気てこ入れのため、新たな財政出動を含む経済対策の策定を求める声が出ている。

 

 出ているのなら、「景気下支え」のために賛同するのかと思いきや、

 

だが、経済対策以前に政府・与党が今国会でやるべきことを忘れてもらっては困る。 

 

 とくる。

 以下、TPPをやれ、労働規制を緩めろ、消費税はきちんと増税しろ、といういつもの日経さんである。

 文章だけ読んでいると、これらの事柄は「景気」に対して良い効果を生まない、という自覚があるように思われる。

 

 この文脈の混乱ぶりは、自分たちの主張するところの旗色が悪くなっている、ということからきているのだろう。

 そこまで言うなら、日経さんはもうあべぴょん信者をやめて、民進党に鞍替えしたらどうなのかね。この期に及んでまだ消費税増税に賛成のようだし。

 

 繰返しになるが、私は消費税増税に反対でも賛成でもない。

 できることなら、消費税を廃止して年金税を導入し、現行の年金制度を廃止して、年金を完全に税化することで一本化してもらいたい、と考えている。

 とにかく、消費税を増やすなら福祉を手厚くし、年金の税化に歩を踏み出すこと。それが無理なら、消費税は減税した方がいいだろう。