読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何が言いたいのかちゃんと伝わるといいけど

www.nikkei.com

三菱東京UFJ銀行が日本国債の入札で「特別参加者(プライマリー・ディーラー)」と呼ぶ資格の返上を検討している。 

 

 検討しているだけで大騒ぎ。

 別に裏読みでもなんでもなく、わざと騒いでるんだろう。

 狙いはハルヒコくんへのプレッシャーである。

 それから遠まわしにあべぴょんへも。

 まさか忘れていないと思うが、日経さんの記事を貼っておこう。

www.nikkei.com

  ドイツ銀行の試算によると、国債の利回りがすべての年限で0.1%低下(国債の価格は上昇)した場合、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が得る含み益は実に1000億円に上る。MUFGの保有国債は平均残存期間が3年強。3年物国債の利回りをみると、10日はマイナス0.25%と1月28日からは0.22%低下した。単純に計算すれば、ざっと2200億円分の利益が生まれたことになる。

 この「ボーナス」はMUFGが突出して高く、ほかの2メガは4分の1ほどにとどまる。MUFGの円債保有額が31兆円と三井住友(14兆円)やみずほ(18兆円)の両フィナンシャルグループより大きいためだ。国債は取引の担保などに一定量必要で、三井住友やみずほはその下限に近い。つまり、国債を売れば、その分割高になった国債を新たに買う必要がある。MUFGはまだ売り残しがあるため、今後日銀への国債売却を通して含み益が実現していく公算が大きい。

 

 その三菱が何やらブーたれているわけで、これは「財政再建を忘れてないだろうな?」という、消費税増税延期への不満表明であろう。

それと、「増税延期したからって、さらなる法人税減税は延期するなよ」ということだろう。

 

 まあでも、ちゃんと伝わらないだろうな。

 「ギアアップしてふかす」くらいだから。エンジン焼けるわ。

www.tokyo-np.co.jp