読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プーチンが来た!

www.nikkei.com

 

 プーチンが観光ついでに首脳会談をしていった。

 この件については、ちょっと前にこんなエントリーを書いている。

osaan.hatenadiary.jp

 だとしても、北方領土が返還されるということはありえないことではない、かもしれない。

 しかしその時は、未来永劫に渡って支払い続ける「代価」を求められることだろう。

 つまり、日本はアメリカに次いで二人目の「ご主人様」を持つことになる。

 

 まさか、寸土の返還もかなわぬうちに、二人目の「ご主人様」を持つ結果になるとは思わなかった。

 そのことは以下のツイートにも表れている。

 

 

 

 「ロシアが勝手に言っているだけだ」という弁解もできようが、それが通じるのは日本国内だけだと思った方がいい。

 海外には、「100%ロシアの言い分が正しいわけではないだろうが、ロシアにここまで言わせるだけの合意と譲歩があったのだろう」と受け取られる。その印象はどんなに打ち消しても、すぐとは消えないだろう。

 

 最悪の予想をさらに下回る結果には、さすがに驚かされた。

 ダメだダメだと散々書いて来たが、まさかここまでダメだとは思わなかった。

 あとは真珠湾で変なことを口走らないことを祈るばかりである。

 

 

ラスプーチンが来た (文春文庫)

ラスプーチンが来た (文春文庫)