やーめたやめた

www.nikkei.com

www.nikkei.com

 こうして二つ並べてみると、同じくトップの辞任を扱っていても差が出てくるものだ、とわかる。

 とりあえず、民進党には思慮の浅い罵声を浴びせかけるだけで満足している。

 自民党の方には、自衛隊も悪いかのように書きながら、政権自身がその隠蔽体質を正すどころか増長させ、恬として恥じなていないということにはだんまりである。

 日経さんが今もあべぴょんに愛を注いでいることが、この二つを読み比べることでくっきりと浮かび上がってくる。

 

 だがもちろん、自衛隊の隠蔽体質は問題である。しかしこれは、自衛隊が紛れもなく「軍隊」であることの証でもある。古今東西、隠蔽をこととしない軍隊など存在しなかったのではないか、というくらいに隠蔽は軍隊につきものだからだ。

 なぜなら、軍隊は破壊と殺人という反倫理的な行いを生業とするものであり、隠蔽することなしにスムーズな業務は遂行しづらいからだ。

 世の中の自称「軍事に明るい人」は、軍人について性善説で語ることが多く、それこそが「リアル」だと喚き散らしている。

 実際の軍人は卑怯で卑劣な嘘つきばかりである。廉潔な軍人などというものは、映画やマンガにしか出てこないと考えることが本当の「リアル」なのだ。