読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい機会だから意識の方も改革しろ

日経 経済 サルの論理

www.nikkei.com

 GDPに問題がないわけがないので、改革するんならその方がいいに決まっている。

 しかし、それ以前に「改革」しなければならない問題がある。

 それは、GDPに対する「意識」の問題である。

 

 本来その数値は経済状況の良し悪しを測る目安であって、あくまでもそれを「目標」とするものではない。

 どっかのスーパーの売上げの話じゃないんだから、政治において統計の数値を追うのは本末転倒というものだろう。

 株価さえ上げれば景気が良くなるはず、という幼稚な発想もこの「転倒」と同じようなものだ。

 例えばそれはこのような形となって現れる。

 

 

f:id:osaan:20161026164516j:plain

 

 目に見える数値を掲げた方が大衆に受け入れられやすい、というのであれば、ポピュリズムの誹りは免れないはずだ。

 このあたりの「意識」が改革されない限り、GDPをいくらいじっても目に見える上昇など起こりはしないだろう。