読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発展途上国型経済成長

www.nikkei.com

 こうなるとは思っていたが、ずいぶんと遅かった。

 発展途上国の経済成長率が高いのは、成長の余地が大きいからではなく、とりあえずごく一部の層がとてつもなく富裕になることで成し遂げられるからだ。

 別に珍しいことではない。アメリカや中国を見てみればいい。経済成長は格差拡大によってもなされるのである。

 

 で、このタイミングで共謀罪が採決強行された。

 国民が多数の議席を与えたのは経済の改革を願ったからで、共謀罪成立を認めたわけではない。

 しかし自民党は、参考書を買うと言ってもらったこづかいでエロ本を買う高校生のように、勝手なことばかりしている。

 しかも、「アベノミクス」とやらの「毒」によって、国民には「自民党が弱くなるとせっかくの経済成長がダメになるぞ」と脅迫済みである。

 

 戦前、高橋是清がリフレを行ったとき、やはり大幅な経済成長があった。

 その時も失業率は改善したが、同時に格差もとんでもなく広がった。そのことについては、是清も演説の中で認めている。

 当時もリフレ政策によって日本経済は立ち直ったように見えたが、格差拡大の状況は改善されず、むしろ改悪された。歩調を合わせるようにして、大陸では戦火が拡大していった。

 昭和11年2月、選挙では右派政友会が壊滅的な敗北を喫し、左派無産党が歴史的な躍進を遂げた。

 だが、その数日後に2.26事件が起き、この選挙の結果はうやむやとなった。

 反乱将校たちがどれだけ御立派な理想を抱えていようが、しでかしたことはろくでもない結果をもたらしただけだった。

 歴史は繰り返すだろうか? 繰り返すなら「喜劇として」だが、もはやみんな幸福によって笑うことを忘れ、他を蔑む笑いばかりがはびこっている。繰り返されるとするなら、舞台の演者だけが笑っている、お粗末で白けた「喜劇」だろう。

 

 雇用情勢の改善は続いているものの、1人当たりの賃金が伸び悩んでいるからだ。賃金が低迷したままだと、個人消費の持続力に不安を残す。 

 

 この指摘があることは、なるほど日経さんの「経済」新聞の面目である。

 しかし、現政権はそんなことを気にもしないだろう。

 そういえば、GDPの計算法が変わったはずだが、もはやそんなことも忘れているかのようである。日経さんもね。

 

 

226

226

 

 

 念のため追記しておくと、経済成長は必要だが、その「数字」ばかりを優先することは間違っていると思う。

 成長すべきは「社会」であって、経済成長の数値はそれを図る「目安」だからだ。

 テストで100点をとったからといって、その子の頭が良くなったとはいちがいに言えない、だからといってテストをないがしろにしていいわけでもない。そんな感じか。

 社会が成長したその結果として経済成長はあるべきだ。

 経済原理主義者は「経済成長を否定するお花畑ガー」と騒ぐようだが、否定しているわけではなく、本質を見失うなという話である。

モンスターペアレンツな日経さん

 モンスターペアレンツといえば、とにかく他人の子には最大限厳しく、しかし自分の子には果てしなく甘い、というのがよくあるパターンだろう。

 「まあ、このクソガキ!親の顔が見たいわ!」

 「あらぼくちゃん、おいたはいけませんよ、おやめなさいな」

 他に厳しく自分に甘くは人の常なれど、度が過ぎればまったくみっともないこととなる。

 で、日経さんの今日の社説は、笑っちゃうくらいそのパターンにはまっている。

www.nikkei.com

www.nikkei.com

 

 トランプに対してはやたらと厳しく言うくせに、あべぴょんに対しては「あら〜、だめよ〜、困った子ね〜」という調子である。

 まあ、加計の件について触れているのはいいんだが、その口調がグラブジャムンのように甘々でどうしようもない。

 日経さんがあべぴょんに物申すときはいつもこの調子だ。

 モンスターペアレンツは子供への愛を履き違えている、とはよく言われることだが、日経さんはこの国への愛を履き違えているのだろう。

 

 

 

出口なし

www.nikkei.com

 日銀による国債買い取りなどの「緩和」が長らく禁じ手とされてきたのは、ハイパーインフレをまねくからでもモラルハザードが起きるからでもなく、「出口」がないからだ。

 香港での例を挙げる人もいるが、あれは規模が違うしやり方もずっと上品だった。

 とにかくこれを始めたからには、夢のパラダイスにたどり着くか、カタストロフにいたるか、どちらかしかないのである。

 途中で降りたら、いや、降りようとしただけでも、株やら債券やらがえらいこっちゃになるだろう。

 そして、その政策には「アベ」ノミクスなどという名が呪いのお札のように貼り付けられている。そのため、その「アベ」がいなくなったら、とたんにえらいこっちゃになるぞー、という脅しがそこから山彦のように響いてくる、という仕儀となっているわけだ。

 政権がどんなにろくでもないことをしでかそうと、なかなか支持率がさがらないのは、こうした認識が「なんとなく」蔓延してしまっているからだろう。

 言わば、この「なんとなく」がアベノミクスの「毒」なのである。

 

 解毒剤としては、日銀に「この緩和をこのまま続けてもらいます」と対立する側が言ってしまえばいい。

 「アベノミクスの最大の障害は安倍晋三」という認識を広めれば、アベノミクスの「毒」は雲散霧消するだろう。

 まあ、日経さんとしては無理にでも出口を探したいんだろうけど、それにはまず裸にアベノミクスと大書して数人で踊るという宴会芸をやめるようにしないとな。

 

 

EXITENTIALISM ?出口主義

EXITENTIALISM ?出口主義

 

 

自由経済の牙城としての共産党

www.nikkei.com

 マルクスが、いや、毛沢東が生きていて、この「一帯一路」とやらを知ったなら、なんと発言しただろう?

 本家本元であるはずのアメリカは、腐ったラードを頭に乗せた男を大統領にすることで、保護主義へと舵を切ってしまった。

 今や紛れもなく、共産党一党独裁による中国こそが、自由経済の守り手なのである。

 なんの冗談なんだ、これは。

 この状況において日本という国は、まるで最新のお笑いについていけない老婆のように、不機嫌そうに押し黙ったり、お義理で手を拍ったりするばかりだ。

 何度もなんども同じ昔話を繰り返す日本という老婆を尻目に、中国は着々と未来に向けて布石を打っている。

 

 中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への加盟は77カ国・地域となる。その数は日米両国が主導するアジア開発銀行(ADB)を上回る。アジアのインフラ整備への支援はADB、AIIBが共有する目的である。けん制し合うだけではアジアの国々が困惑してしまう。

 日米両国はAIIBに参加表明していない。日本は同じ立場の米国と緊密に意見交換しながら運用ルールの透明化を粘り強く求め、建設的な関与を探るべきだ。

 

 自由経済を寿ぐ日経さんは、最初から日本がAIIBに参加すべきだと言っていた。

 こうしてみると、「国内のリベラルだけがAIIBへの参加を促している」という右翼のポジション・トークが、いかに「国益」とやらを損なうものかわかろうというものだ。

 しかし、ここで私見を述べさせてもらうなら、日本はAIIBに参加すべきではないと思う。

 現在、ADBは原発関連事業への融資を行っていないが、AIIBはそのあたりの規制がないからだ。

 原発の輸出をスムーズにしたい、と考えるなら、日本の上層部は当然AIIBへの参加を求めるだろう。

 馬鹿げた原発輸出を食い止めるためにも、右翼の皆さんには「中国ガー中国ガー」と騒いでいてもらいたいものだ。(断っておくが、連携するつもりは一ミリもないので、誤解のないように)

 

 

老婆使用手册:升?版

老婆使用手册:升?版

 

 

鼓腹撃壌という反自由主義的なお話

www.nikkei.com

 また、どうでもいいような内容の社説である。

 このところ改憲の機運がしぼみがちなので、日経さんの憲法への物言いもまた、風のない日のこいのぼりのようにぐんなりしている。

 

 だいたい、日経さんが「鼓腹撃壌」の故事を持ち出すところからしておかしい。

 この四文字熟語の背景にあるのは、政治的思考を全てお上に与けてしまおうという、反民主主義的でありかつ反自由主義的な考えである。

 日経さんは資本主義の背景としてある自由主義を讃仰しているものと思っていたが、こちらの勘違いだったのだろうか?

 まさかと思うが、この稚拙なお話の中に、「小さな政府」の理想なんぞ見出していたりするのだろうか?

 

 今、鼓腹撃壌について「稚拙」と書いた。が、実際に稚拙なのだ。

 この話の元は『十八史略』だが、この本は中国で子供向けに書かれたわかりやすい歴史、という内容なのである。学研あたりの歴史マンガみたいなものだと思えばいい。

 それが江戸時代の日本に伝わった時、当時のインテリたちがまっとうな「歴史書」としてそれを扱い、そこに採用されている故事を深い意味のあるものとして、文化人たちが今に伝えてきたのだ。

 最近、百田とかいうのが「中国文化は日本に合わない。漢文の授業をなくせ」と騒いだそうだが、中国文化はかようにして日本の「伝統」と分かち難く存在するものなのだ。日経さん(と小渕恵三)が「鼓腹撃壌」と口にするくらいには。

 だいたい、江戸時代における本当の「文章」とは漢文であった。漢文の読み書きができないものは「文盲」とされたのである。

 そうした伝統をはっきり伝統として認められないから、百田のように中国コンプレックスが消えないのだ。

 

 

帝王学の源流―十八史略を読む

帝王学の源流―十八史略を読む

 

 

 私自身の憲法についての考えは、以前書いたので繰り返さない。

osaan.hatenadiary.jp

で、日経さんはちゃんとやれてるの?

www.nikkei.com

 なんか知らん、またバイトにでも書かせたのか?と疑いたくなるような社説である。

 M&Aという行為そのものに「無理」があり、その「無理」を無理やり通して道理を引っ込めることができないのならば、最初からやらないほうが無難なのだ。

 それに重ねて日本のM&Aは、羽布団の催眠商法にでも引っかかったように高値づかみをするんだから始末に負えない。

 

 まあ、それはそれとして、日経さんは他人のことばかり言ってられるご身分じゃないでしょうに。

 自分が買収したフィナンシャル・タイムズはどうなってるのか。

dialog-news.com

 赤字にこそなってないが、やはりのれん代が高すぎたんじゃないか、という懸念があるようだが。

 

 被買収企業の自主性を尊重する一方で、リスク管理や投資計画にはしっかりと目を光らせる体制が不可欠だ。相手企業に乗り込み、経営の陣頭指揮をとれるようなグローバル経営人材の育成も急務である。 

 

 他人に言うのは簡単だけど、自分の頭の上のハエはちゃんと追えているのかね?

 

 

 

なんのために独裁させてやってると思ってんだ

www.nikkei.com

 政権支持の理由はそれぞれにあるだろう。

 しかし、独裁を許すまでの支持ともなると、それなりの「思惑」が伴うものだ。

 今日の日経さんは、その「思惑」について吐露している。それは日経さんだけでなく、日本の経済をあれこれしたい上つ方の思惑を代弁したものでもある。

 

にもかかわらず安倍政権は改革に消極的にみえる。高齢有権者に不人気な改革は強い政権でこそなし得る。1強といわれる政権なのだから、特に歳出面を中心に社会保障改革に取り組んでほしい。 

 

 私には、そっち方面の「改革」についてなら、あべぴょん政権は十二分に積極的だと思われるのだが、日経さんとその背後の上つ方の人々にとってはまったく不十分であるらしい。

 

政権は消費税率の10%への引き上げを凍結した。であれば給付の野放図な膨張を抑える制度改革が不可欠である。

 

 では代わりに法人税増税しよう、という話には絶対にならない。「そんなことをすれば経済に打撃が」と喚く。消費税増税でもそれ以上の打撃があったと思うが、そういうのはなかったことになっているのだろう。

 

税財源で賄う生活保護世帯の医療費が野放図に増えないよう、規律を働かせる仕組みもいる。 

 

 貧乏人は病気にかかったらさっさと死ぬ、という「仕組み」が必要なようだ。

 

有権者におもねるのではなく、納得させる政権の力量が試されている。 

 

 そのためにまた「十分な」協議やら説明やらで、強引に押し切ってしまえ、というわけだ。

 上つ方があの恥知らずに独裁を認めているのは、このような「思惑」からきているのだろう。

 かくして、弱者切り捨てをスムーズに進めるために、王様と王妃気取りのバカップルが国中にネポティスムを蔓延らせるのを、黙って見ているというわけだ。

 もしかして、こないだ日経さんが「懲罰投票」とか喚いたのは、「さっさと福祉を切り捨てないと許さんぞ」というのを暗に示していたのかね?

 

 

独裁者 The Great Dictator [Blu-ray]