読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やめるってよ

www.nikkei.com

 このニュースを目にした時、パッと思いついたのが「改憲への異議申し立てか?」ということだった。

 そう思ったのは私一人ではなかったようだ。

lite-ra.com

 しかし、こんな風に考えてしまうこと自体、私自身にも知らず知らずのうちに「天皇制」が染み込んでいるということだ。吉本隆明が「日本は一木一草に至るまで天皇の国」と煽ったのはこういうことか、とふと思ったりした。

 以前にこういうエントリーを書いた。

osaan.hatenadiary.jp

 実際、歴史的に天皇が自ら退位するとき、自らが実権を握っているのでなければ、ときの政権への反発であることが多い。

 とはいえ、天皇自身が何か言うことはないだろうから、こちらでついつい「忖度」してしまうことになる。それが日本の「天皇制」というシステムを動かす原動力になっている。

 この先どうなるのかわからないが、「保守」は国民がこの件について勝手に「忖度」することを恐れ、もっと穏当な物語を別に用意することだろう。それもまた「天皇制」の持つ機能の一つである。

 

 まあ、もし天皇がただの昭仁に戻る(上皇になるとかはないだろうな)のであれば、京都御所に戻ってもらいたいものだ。近い将来、皇居を京都に「還幸」する、ということに道筋をつけることができる。

 それから、一市民として、「投票」する、というのもやってほしい。

 そうすれば、日本は腐っても民主主義国家でいられるからだ。

 

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)