読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育勅語平成版「安倍首相がんばれ安倍首相がんばれ長期政権よかったです」

 おだやかな春の昼下がり。奥様が部屋の掃除をしていると、クローゼットの裏からなにやらDVDが出てきました。透明なケースに入っていて、タイトルも何もついていません。

 不審に思った奥様がそれをパソコンで見てみると、口にするのもはばかられるような内容のエログロ動画が出てきました。

 奥様は帰宅した夫を問い詰めました。

 「なんですか、これは」

 「え、あー、いや、仕事関係のDVDだよ。君には関係ない」

 「ふーん」

 「あ、もしかして、見た?見たの?見ちゃったかあ……いやあ、実はこれ、ちょっと預かってるんだよね。あ、ほら、コイケっているじゃん?あいつがさあ、こういうの大好きで、とにかく見ろ見ろってしつこくってさあ」

 「ふううう〜〜〜〜ん」

 「でさでさ、すぐ突っ返そうと思ったんだけど、コイケのやつ長期出張に出ちゃってさあ、いつ帰ってくるやら帰ってこないのなやら、わからないんだよねえ」

 「ふっっっうううううう〜〜〜〜〜〜〜〜ん」

 

 こんな夫の言い訳を信じるのは、よっっっっっぽどのお人好ししかいないと思うが、現在国会では国民を「よっぽどのお人好し」にしてしまおうと躍起になっている。ちなみに、上の会話はPeeping Lifeをイメージしながら脳内再生してもらえるとありがたい。


11PM深夜の話し合い Peeping Life Library #17

 現在、「あべぴょんだけは守り通そう」という意図のもと、自民党と「保守」の皆様はフル回転している。

 とにかく、あべぴょんだけはこの件に関係ない、と言い張っているわけだが、上の夫婦の会話と同じく、何やら言い訳をこじらせるほどバレバレになっている。

 だいたい「安倍晋三記念小学校」なんて、安倍信者の学校を他の政治家が助けて本人は知らないとか、絶対にありえないのだ。

 

 ところで、自民党と「保守」の皆様が守ろうとしているものがもう一つある。

 それは「教育勅語」だ。

 「学校で教育勅語を教えても、それは自由だろう」と言い募り、物分かりのいい人たちは「教育勅語はまだいいけど〜」などと前置きしてしまい、すっかり向こうの思惑にハマっている。

 「保守」たちは、あの衝撃的な幼稚園の動画によって、「安倍首相がんばれ安倍首相がんばれ」と「教育勅語」が結びつけられてしまうことを恐れているのだ。


森友学園の幼稚園の運動会 安倍首相がんばれ

 

 実際、教育勅語と幼児らの「安倍首相がんばれ」は、一直線に繋がっている。

 教育勅語の何がダメかというと、すでに「勅」の字がダメである。

 これは天皇の命令を意味し、「反論不可能」だとし、思考の自由を徹底的に排除するものだ。

 それを「自由」のくくりのうちに受け入れるのは、まったく詐欺的と言っていい。

 お上の言葉を絶対のものとして受け入れを迫る「勅語」と、「安倍首相がんばれ」はほとんど隣り合わせである。

 自民党と「保守」の皆様は、「勅語」と「安倍首相がんばれ」との間の絆を断ち切ろうと必死なのだ。

 

 さて、そんな中、自民党は総裁3選を可とする改正を行った。

www.nikkei.com

 仄聞するに、ほとんど抵抗なく決定されたという。

 これで安倍辞任の芽はほぼ消えたと言っていいだろう。

 現状、自民党内からのなんらかの動きなしに、安倍を辞任させることは不可能だからだ。また仮病を使って逃げる、ということも期待できない。

 

 しかし、あべぴょんの正体が「安倍首相がんばれ」であること、さらには教育勅語の正体もまた「安倍首相がんばれ」であること、このことは絶対に忘れられてはならない。

 そのためにも、この問題はできるだけ長く、できるだけしつこく追い続けるべきである。

 ま、あべぴょんを「信じてる」日経さんはやんないだろうけどさ。

 

 

Peeping Life TV シーズン1 ?? Vol.1 [DVD]

Peeping Life TV シーズン1 ?? Vol.1 [DVD]